活動報告

  • 御室派青年教師会行事報告
  • 各地区青年会行事報告
  • 全青連・その他の行事報告

御室派青年教師会行事報告

全真言宗青年連盟結集第40回結集 御室大会 THE NEXT STEP ~新しい時代へ~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一如結集2

一如 結集3

一如結集4

5一如結集

一如結集6

一如 結集3

10月10日、総本山仁和寺に於いて「THE NEXT STEP ~新しい時代へ~」のテーマのもと、全真言宗青年連盟結集第40回結集御室大会が開催されました。
併せて金堂の裏堂では真言宗十八本山お砂ふみを開催し、多くの一般参拝者の方々にも参加していただきました。


全真言宗青年連盟第四十回結集御室大会 謝辞
結集実行委員会長 藤橋泰宣

先般の、全真言宗青年連盟第四十回結集御室大会の開催に際しまして、全国より多数のご協賛ご支援を賜りましたご来賓諸大徳の皆様、真言宗御室派青年教師会会員の皆様、また、開催にあたりご後援をいただきました真言宗各派総大本山会様ならびに真言宗布教連盟様、全面的にご理解ご協力を賜りました総本山仁和寺様には実行委員一同篤く御礼申し上げます。
大会式典には、ご法務ご多端の中、平成31年己亥真言宗長者 真言宗豊山派管長 総本山長谷寺化主 田代弘興猊下にはご垂示を賜りました事、また大会法要では総本山仁和寺門跡 真言宗御室派管長 瀬川大秀猊下には大導師をお努め頂きました事、深謝申し上げます。
さて近年、日本各地では自然災害が多発しており、世界各地でも災害、紛争、テロ行為で苦しみ悲しんでおられる方が数多くいらっしゃいます。今回御大師様の御言葉にしたがい衆生済度の第一歩として参加者全員にて生きとし生けるものへの「祈り」を捧げる機会を設けたいと仁和寺内にございます金堂・御影堂・大黒堂・観音堂・経蔵・五重塔・九所明神拝殿と各諸堂を道場とし各会派それぞれの特色を活かした法要を行いました。
全国より300名を越える各会派真言宗青年僧侶が集い、同時開催の真言宗十八本山お砂ふみでは約700名の一般参拝を頂き、参拝者の皆様と真言宗僧侶の祈りとあわせる事で共に安らぎを感じて頂けたのではないかと思っております。
今大会は、40回目の節目を迎えまた、元号が平成から令和に変わった最初の大会でもあります。この大会を通じ真言宗各会派並びに真言宗御室派青年教師会会員の繋がりを深め今後の真言宗全体にとりまして大変大きな力になる事を願っております。
最後になりますが、大会運営を通じ、準備不足や不案内にてご無礼、至らぬ点が多々あったと思います。今回の結集が無事無魔成萬できましたのも関係各位の皆様方の温かいお力添えがあっての事だとこの場をお借りいたしまして謝辞にかえさせて頂きます。                                          合掌

全真言宗青年連盟結集第40回結集御室大会に出仕して
備中 蓮福寺 西原 浄光

令和元年10月10日、晴天に恵まれ、40回目をむかえる全真言宗青年連盟結集が、当会真言宗御室派青年教師会が担当の下、真言宗御室派総本山仁和寺において荘厳な雰囲気の中、厳粛に執り行われました。
本年より時代は平成から令和へと変わり、それに合わせるかのごとく、6年にも及んだ仁和寺観音堂の保存修理事業も成満し落慶を迎えたこの年に、仁和寺において結集を勤める。偶然とは思えない「縁」を感じました。
テーマでもある「新しい時代」らしく、インターネットを使い、法要次第はスマートフォンにダウンロードでき、諸堂にて勤修された法要の模様はSNSにて配信され、ご挨拶、ご祝辞をいただいた諸大徳のお言葉には「新しい時代」への期待、そして平和への願いが皆すべてにこめられておりました。
「新しい時代」を感じ考えさせていただいた今大会に参加できた法縁に心より感謝申し上げます。

御室結集大会について
美作 清水寺 早瀧俊海

令和元年十月十日、総本山仁和寺に於いて、全真言宗青年連盟第四十回結集御室大会が執り行われました。
今回のテーマは、「THE NEXT STEP~新しい時代へ」ということで、今までの結集大会とは違い初めての一日開催となりました。
法要は仁和寺のほとんどの伽藍で行われ、私は九所明神拝殿にて讃頭として参列させていただきました。拝殿での法要は大般若転読でお導師様を含め九人での転読でしたが、仁和寺内の全てに響き渡っているのではないかと思うほど勢いがあり、とても良い法要になったのではないかと感じました。
結集大会の参加は初めて参加させて頂いて、自坊ではこれほど沢山の僧侶と法要をする機会がないのでとても良い経験になりました。
最後になりましたが、この様な貴重な機会を与えてくださった皆様には感謝申し上げます。