活動報告

  • 御室派青年教師会行事報告
  • 各地区青年会行事報告
  • 全青連・その他の行事報告

御室派青年教師会行事報告

全真言宗青年連盟第35回結集 泉涌寺大会

1129

780

411

681

全真言宗青年連盟第35回結集 泉涌寺大会

10/22[水]・23[木] 於:リーガロイヤルホテル京都・泉涌寺

10月22・23の2日間、「諸悪莫作 衆善奉行」のテーマのもと、
1日目は、リーガロイヤルホテル京都を会場に、
十八本山御本尊法要、公開座談会「歴史の中の泉涌寺」、皇室ジャーナリスト 久能 靖氏をお招きし、
「知られざる皇室」と題して記念講演をしていただきました。
2日目は、真言宗泉涌寺派総本山 御寺 泉涌寺にて法要を厳修いたしました。

皇室とつながりのある
諸宗兼学道場ならでは

全真言宗青年連盟第三十五回結集泉涌寺大会に参加してきました。一日目は、十八本山御本尊法要をはじめに、結集泉涌寺大会が開催されました。続いて、泉涌寺派教学部長 渡邊恭章師・種智院大学教授 佐伯俊源師・泉涌寺学芸員 西谷功氏・結集泉涌寺大会実行委員長 大三輪龍哉師により、泉涌寺開山 俊芿律師によって創建された京都東山「泉涌寺」・鎌倉時代に俊芿律師が中国から持ち帰ったものをベースに、宋の時代の読み方で読まれる諸宗兼学についての話が、ディスカッション形式で行われました。
 続いて皇室ジャーナリスト久能靖氏に、「知られざる皇室」というテーマで講演していただきました。憲法では天皇陛下のことを「国民の象徴である」と書かれています。その象徴とはどういうものなのか、陛下はいろいろ考えられ、国民とともに歩む・常に国民のことを考えるという結論に達し、被災地への訪問・戦没者の慰霊・体の不自由な方への慰問など各地に足を運ばれているそうです。また天皇陛下の祭儀のお話では、一月一日五時半から祭司が始まり四方拝という拝殿で伊勢に遙拝され四つの方向の神々にお祈りするそうです。その後、十六回の新年祝賀行事があり、二日も新年一般参賀が五回あるそうです。待ち時間では、天皇陛下は予定があるそうですが、ほかの皇族の方は別室で箱根駅伝を観戦されているそうです。他にもいろいろと普段聞けないようなお話を聞くことができました。
 二日目は泉涌寺で記念法要が行われました。霊明殿にある歴代天皇陛下、皇后陛下の位牌の前で泉涌寺長老上村貞郎猊下御導師のもと、理趣三昧法要が執り行われました。
 その後、仏殿に場所を移し真儀楞厳大会という禅宗の法要を見学しました。コの字を繰り返したような行道は初めて拝見し、唱える楞厳呪は静けさの中にも迫力があるお経でした。
 今回の結集では皇室とつながりのある諸宗兼学道場ならではの法要に参列し、とても勉強になりました。次回は弘法大師ご生誕の地、善通寺で結集が開かれる予定です。結集に参加することで得るものが沢山あると思いますので、まだ一度も参加されてない方は是非参加してみてください。


大阪 京善寺 射馬瑞圓